Apple Japan、広告動画 「Macの向こうから —  世界を変える学生たち」 公開 Macを使用する学生に焦点を当てる

2月22日、Apple Japanは広告動画シリーズ 「Macの向こうから」 に新作動画を5本追加、YouTubeで動画を公開している。

この 「Macの向こうから」 は、Macを使って何かを作り上げる、プロフェッショナルな人たちを紹介する広告動画シリーズになっている。これまでも多数の作品が公開されてきたが、本日公開された動画は日本の学生に焦点を当てたものになっている。

例えば、大学生で学生団体CLOWNに所属するツリーハウスデザイナー稲垣信吾さん、すべての人に寄り添うロボットを開発している大学生のロボットデザイナー東出風馬さんを約1分間の動画で紹介している。

紹介された大学生は全部で4人で、それぞれ1本ずつの動画が製作されている。また、これら4本の動画から製作した40秒の動画 「Macの向こうから — 世界を変える学生たち」 も公開されている。

Appleは学生の勉強や教職員の仕事を支援するため、学生・教職員専用ストアを提供している。このストアでは、大学生・専門学生、教職員に該当する方であれば、Apple製品を最大22,000円割引で購入できる。

また、現在Appleは 「新学期を始めよう」 キャンペーンを期間限定で実施している。このキャンペーンは上記割引に加えて、最大18,000円のAppleギフトカードがもらえるというもの。4月3日(水)まで開催予定となっているため、これから進学や進級を迎える方の中で、Apple製品の購入を検討していたなら、ぜひこのキャンペーンを利用していただきたい。

「新学期を始めよう」 キャンペーンの詳細は以下から。

関連記事:Apple、2019年「新学期を始めよう」キャンペーンを開始 学生・教職員が対象Mac・iPad Pro購入で最大18,000円のApple Storeギフトカード贈呈

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。