iOSのメールアプリでファイルを添付して送信する方法 Appleが動画で解説

日本時間25日、Apple Japanは公式YouTubeチャンネルで新しいHow To動画を公開している。

今回解説されているのは、iOS純正の「メール」アプリでメールにファイルを添付して送信する方法。LINEなどのメッセージアプリの普及であまり使う機会がない人もいるかもしれないが、覚えておいて損はないので、普段はあまり使わない人もしっかり内容を把握しておこう。

iOS純正メールアプリでファイルを添付して送信する方法

メールアプリでファイルを添付するには、まずはメールの本文中をダブルタップすると表示される黒色のメニューから「添付ファイルを追加」をタップする。

すると、ファイル選択画面に遷移するので、画面下部にあるメニューから「ブラウズ」を選択し、添付したいファイルをタップするだけで簡単にファイルを添付することができる。ファイルを添付したら、メールの本文を入力していつも通り送信ボタンをタップするだけだ。

動画では相手から送られてきたメールに返信する形でファイルを添付していたが、もちろん新規メールでも同じ方法でファイルを添付することが可能。

最近はLINEなど他アプリがメインの連絡手段になっている人も多く、メールアプリの使い方を知らないという人は意外に多い。もしメールアプリで何らかのファイルを送信する機会があるなら、公開された動画を参考に実践してみよう。動画は以下から視聴可能だ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。