M2 Maxチップのベンチマークスコアが判明か。M1 Maxから11%程度性能向上か

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは2023年に、M2の上位チップを搭載したMacBook Proを発売すると予想されている。搭載されるチップは、M2 ProやM2 Maxなどが想定されるが、このうちM2 Maxチップのベンチマークスコアが、ベンチマークアプリ 「Geekbench」 に登録されていることがわかった。米Apple系メディアMacRumorsが現地時間30日に伝えた。

MacRumorsによると、「Geekbench」 に登録されているベンチマークスコアは、識別子が 「Mac14,6」 と書かれていることから、M2 Maxチップを搭載した次期MacBook ProあるいはMac Studioとみられる。12コアCPU、96GB RAMで構成されたマシーンだ。OSは未リリースのmacOS Ventura 13.2。

肝心のスコアは、シングルスコア1,853、マルチコアスコア13,855。

  M1 Max (Mac Studio) M2 Max (Mac14,6)
シングルコアスコア 1,755 1,853
マルチコアスコア 12,333 13,855

参考として、M1 Maxチップを搭載したMac Studioと比較すると、シングルコアスコアで10.5%、マルチコアスコアで11.2%向上している形だ。もしこのベンチマークスコアが本物だったなら、次期MacBook ProやMac Studioの性能向上幅は小さくなる可能性がある。

次期MacBook Proについては、当初2022年秋にリリースされると予想されていたものの、現在は2023年初頭の発売が予想されている。今回のベンチマークスコアが登場した理由も、発売に向けてAppleがさまざまなテストを実行しているからなのかもしれない。

関連記事
14/16インチMacBook Proは2023年第1四半期に発売か。著名記者が最新レポート公開
MacBook Air レビュー|M2チップの実力を徹底検証。誰にオススメなのか考えてみた

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。