Apple純正地図アプリに日本アップデート。自転車の経路ナビやARウォーク機能が実装、Look Aroundも神奈川/兵庫県など追加

(画像:Apple)

5月27日、Appleは純正 「マップ」 アプリのアップデートを実施。自転車でのルート検索/ナビゲーションのほか、カメラを利用した視覚的なARナビゲーションが一部地域にて利用できるようになっている。

一部機能は今月25日あたりから利用可能になっていたが、本日5月27日より正式にサービスが開始された形。

① 自転車のルート検索

サイクリングのルート検索/ナビゲーションに対応。これまでは自動車/徒歩/電車のみルート検索/ナビゲーションができた。

検索したルート上には、階段や坂道、自転車の進入禁止エリア、道路の混雑情報などが表示されるように。自転車での移動に最適なルートがある場合には、そこを優先的に案内する。坂道や交通量の多い道路を利用しないように指示するオプションも用意されている。

サイクリングのルート検索/ナビゲーションが利用できる地域は日本全国。

② ARウォーキング (ロケーションアンカーナビ)

iPhoneに搭載されたカメラを使って、ARで道をナビゲーションする機能。利用できる地域は東京/横浜/大阪/名古屋/京都/福岡/広島。

③ Look Around 機能

Googleストリートビューのように周囲360°を見渡せる 「Look Around」 機能が神奈川県/兵庫県/札幌市/新潟市/静岡市でも利用可能になった。iOS/iPadOS/macOSで利用できる。

なお、Look Aroundが利用できる地域は以下。

▼ 都道府県全域がカバーされる地域 (順不同)

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 兵庫県

▼ 特定の市のみが利用できる地域 (順不同)

  • 大阪市
  • 名古屋市
  • 京都市
  • 広島市
  • 福岡市
  • さいたま市
  • 千葉市
  • 金沢市
  • 仙台市
  • 相模原市
  • 堺市
  • 高松市

④ 高速道路ナンバリングに対応

高速道路がより区別しやすく。各高速道路に付与されているナンバリング (東北道ならE4など) が地図上で表示されるように。

(via PHILE WEB)

関連記事
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
iPhone SE レビュー | ホームボタン&Touch ID派の心をくすぐるSE最新モデル、その実力は?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。