Appleの新しいマップが全米を網羅。今度は欧州地域リニューアルに着手

現地時間30日、米Appleは 「地図」 アプリで現在行っている再構築作業について、米国地域における地図データの更新を完了したことを発表した。

Appleの地図アプリで米国の地図データの更新が完了

この 「地図アプリの再構築」 はAppleが2018年6月に発表したもので、建物や緑地、詳細な道路、空港やショッピングモールなどの地図データを、従来よりも詳細で正確な物に順次置き換える。建物の形も3Dでわかるようになっており、今までの地図に比べて使い勝手が大幅に向上している。

発表当初は米サンフランシスコのベイエリア地域のみが更新対象となっていたが、2019年から全米を対象とした更新作業が開始されていた。2019年11月時点では51.4%がアップデートされ、いよいよ2020年1月末に全米で利用できるようになった。

この更新作業は今後数ヶ月で欧州にも展開されるとのこと。そして欧米以外の地域についても順次更新作業を進めていくという。

さらに、Googleストリートビューのように街の一角を見渡すことのできるLook Around機能についてもニューヨークやサンフランシスコのベイエリア、ロサンゼルス、ラスベガス、ヒューストン、ハワイ(オアフ島)などで利用可能になっている。Appleは、今後も多くの場所で同機能が利用できるように更新作業を行なっていくとしている。

また、「iOS 13」 の地図アプリにおける新機能 (リアルタイム交通情報や到着予定時間の共有、飛行機のフライト情報、空港やショッピングモールのインドアマップ)なども順次展開範囲を拡大していく予定だ。

関連記事
Appleは「マップ」アプリを再構築中 カメラを載せた車両で収集したデータを使用、アプリを開いたiPhoneからもデータを取得
Appleの地図情報収集車「Apple Maps vehicles」が国内でも見つかる マップアプリ改善のためデータ収集が着々と進む

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Air
 ・iPad mini
 ・iPad (10.2インチ)
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。