Apple Music、配信楽曲が1億曲を突破。毎日2万人を超えるアーティストが新楽曲を提供

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

10月3日、Appleは同社音楽配信サービス 「Apple Music」 において配信する楽曲数が1億曲を超えたと発表した。

Apple Musicには、毎日2万人を超えるアーティストが新たな楽曲を提供しており、同サービスのカタログは日々増加していると伝えている。

「Apple Music」 は、Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約1億曲の楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。初めて利用するユーザーには無料トライアルも用意されている。

Appleは今回の発表にあわせて、Apple Musicの配信楽曲1億曲という数字の意味について語っている。iTunesや初代iPodのデビューから21年が経ち、形を変えて音楽のプラットフォームを展開してきたApple、現在はどのデバイスからも無限とも言えるカタログにアクセすることが可能になっている。

当然、Apple Musicで楽曲を配信するアーティストたちのコンテンツが素晴らしいのだが、プラットフォームとして魅力的であること、そして無名なアーティストであっても次のヒットを生み出せる可能性がある余地があることもまた、Apple Musicが作り上げてきた同サービスの成長の鍵になってきたことは間違いないだろう。

Apple Musicでは最新の楽曲はもちろん、旧来の名作ナンバーなども聴くことが可能。さらに、ラジオやステーションなどさまざまなコンテンツが用意されており、ユーザーの各音楽シーンにあわせた楽曲が再生できるはずだ。

関連記事
Adoの 「新時代」 、Apple Musicのグローバルチャートで1位に。国内楽曲で初の快挙、映画『ONE PIECE FILM RED』主題歌

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。