「Apple Music」 「Apple TV+」 「Apple One」 の料金が値上げ。値上げ幅は月100円〜300円

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

10月25日、Appleは同社が提供する一部のサブスクリプションサービスの価格改定を発表した。「Apple Music」 「Apple TV+」 「Apple One」 の一部料金を値上げする。新料金は本日より適用される。

Apple Musicは音楽定額配信サービス。Voiceプラン/学生プランは現状480円/580円を維持するが、個人プランは月額980円 → 月額1,080円、ファミリープランについては月額1,480円 → 1,680円に値上げされる。

また、Apple TV+については月額プランは月600円 → 月900円に値上げされる。

さらに、Apple MusicとApple TV+、Apple Arcade、iCloudがセットになったApple Oneも、個人プランは1,100円から1,200円の値上げとなり、ファミリープランも月額1,850円 → 月額1,980円に値上げとなる。

(※以下、表内の価格はいずれも税込)

Apple Music
  旧価格 新価格
Voiceプラン 月額480円 月額480円 (変わらず)
学生プラン 月額580円 月額580円 (変わらず)
個人プラン 月額980円 月額1,080円
ファミリープラン 月額1,480円 月額1,680円
Apple TV+
  旧価格 新価格
月額プラン 月額600円 月額900円
Apple One
  旧価格 新価格
個人プラン 月額1,100円 月額1,200円
ファミリープラン 月額1,850円 月額1,980円

今回の値上げは日本だけではなく、米国など多くの国で実施していることから、昨今の歴史的円安 (為替変動) が原因ではなく、単なる価格改定となる。なお、Apple ArcadeやiCloud+、Apple Fitness+などの他サービスについては、値上げの対象とはなっていない。

関連記事
Apple Musicの空間オーディオ機能が車でも利用可能に。初の対応はメルセデスベンツの一部車種
Windows版 「Apple Music」 「Apple TV」 アプリ、2023年にリリース。フォトアプリからiCloud写真にもアクセス可能に

▼ Appleの各種サービスを利用する
Apple Music
Apple TV+
Apple One

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。