Apple Musicにアーティスト別のバイオグラフィ機能。独自視点で語られたオリジナルストーリーが読めるように

Apple Musicは各アーティストにスポットライトを当てる 「アーティストバイオグラフィ」 の提供を開始する。

Apple Music 「アーティストバイオグラフィ」 を提供開始

Apple Music内で各アーティストページに移動し、トップソング、アルバム、ミュージックビデオ、プレイリストとカテゴリーごとの作品紹介の終わりまでスクロールダウンすると、Apple Music独自の視点で語られたオリジナルストーリーを読むことができる。

各アーティストの活動の経歴や代表作、アーティストや作品についての理解を深めるために役立つ多岐にわたるエピソードを添えて紹介する。さらに、アーティスト本人が語った貴重な発言の数々も、Apple Music限定で提供されるという。

参考例として、AppleはKing Gnuのアーティストバイオグラフィを一部抜粋して紹介している (全文は、Apple Music上で公開中)。

King Gnuは、ジャンルを自在に横断する現代的なミクスチャーサウンドと大衆性を共存させた4人組バンドだ。

東京藝術大学でチェロを専攻していたバックグラウンドを持ち、前身バンド、Srv.Vinciではエレクトロニカやビートミュージックに触発された先鋭的な音楽性を追求してきた常田大希 (G/Vo) が一転して、J-Popを強く指向。彼の下に集った同郷の後輩である井口理 (Vo/Key) 、セッションの現場たたき上げの新井和輝 (B) と勢喜遊 (Dr/Sampler) と共に、バンド名をKing Gnuと改名し、2017年にアルバム『Tokyo Rendez-Vous』をリリースした。

「メンバーみんな、ドラムに対して、ベースに対して口を出すし、もちろんギター、鍵盤に対しても、歌に対してもそう。そうしたアイデアが絡まり合って、楽曲のスパイスになっているのかなって」 。東京のカオス感覚を投影したそのサウンドは、ロックやソウル、ヒップホップ、ジャズ、クラシックや現代音楽などの要素が混在しているが、新井和輝はバンドの揺るぎない根幹についてApple Musicにこう語っている。「曲によりけりですけど、King Gnuはメロディという柱が大前提にあるので、それが強ければ強いほど、僕らは遊べるんです」 (続く)

Apple Musicは、アーティストバイオグラフィ機能の公開にあわせて、特集ページ 「アーティストバイオグラフィ」 を公開している。

特集ページは、J-Pop、J-ロック、歌謡曲、K-Pop、アニメ、J-ヒップホップ、ポップ、ヒップホップ/ラップ、R&B/ソウル、ダンス/エレクトロニック、オルタナティブ、ロック、レゲエの13の音楽ジャンルに分かれており、King Gnuのほか、あいみょん、Official髭男dism、Vaundy、山口百恵、BTS、LiSA、Awich、エド・シーラン、カニエ・ウェスト、ザ・ウィークエンド、アヴィーチー、ビリー・アイリッシュ、オアシスなど、様々なアーティストのストーリーを一挙に楽しめる内容になっている。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

「Apple Music」 は、Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約7,500万曲もの楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。初めて利用するユーザーには3ヶ月の無料トライアルも用意されている。

Apple Musicへの登録、もしくは無料トライアルの利用は以下リンクから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。