Apple Music、矢沢永吉の3作品を空間オーディオでミキシング。広告キャンペーンやラジオ番組も展開

Apple Musicはドルビーアトモスによる空間オーディオの広告キャンペーンとして新たに「矢沢永吉の楽曲を空間オーディオで」を展開する。

本キャンペーンは、アーティスト活動50周年を迎えたロックンロールレジェンド矢沢永吉の3作品を、ドルビーアトモスによる空間オーディオでミキシングし、Apple Musicで独占配信することを記念したもの。配信楽曲は、1975年発表のソロ第1弾アルバム『I LOVE YOU,OK』、2019年発表の最新のオリジナルアルバム『いつか、その日が来る日まで…』、そして2013年発表の『ALL TIME BEST ALBUM』の3作品。

1975年、ロサンゼルスのA&Mスタジオで現地のミュージシャンたちと一発録りをしたという『I LOVE YOU,OK』は、空間オーディオの臨場感あふれるサウンドによって当時の息遣いを取り戻し、矢沢が感じた本物のグルーヴと共に、今まさにここで鳴らされているように感じられる。空間オーディオによって音が細部まで鮮明に聞こえるため、『いつか、その日が来る日まで…』の緻密なアレンジもより楽しむことができる。ヒット曲満載の『ALL TIME BEST ALBUM』では、何度も聴いたあの曲の新たな一面を発見することができる。

空間オーディオに生まれ変わった自身の楽曲を聴いた矢沢永吉は、「音、すごいよ」 とコメント。50年間、常に時代の先を歩み続けてきた真のロックスターは、「こういう時代が来るんだろうな。時代が変わるね。こんなに重厚なサウンドで、みんなが気軽に聴ける時代。すごくいいね」 と、テクノロジーによる音楽表現のさらなる広がりと、新しいオーディオ体験による音楽文化の進歩に大きな期待を見せた。

上記作品の配信にあわせて、本日8月1日よりオンライン/屋外広告が展開される。これら3作品に加えて、矢沢永吉の複数の過去作品もドルビーアトモスによる空間オーディオ対応で今後配信予定。なお、新たにリマスターされたアルバム45枚、計638曲の配信も本日より開始となっている。

また、本日よりラジオ番組もスタートする。矢沢永吉と落合健太郎がナビゲートし、矢沢永吉の様々な ”マイウェイ” を紹介する番組『E.YAZAWA MY WAY Radio』が配信される。「アーティスト番組」 のひとつとしてラインアップに加わる同番組はエピソード1〜6まで公開される予定で、毎回テーマに沿ったトークと矢沢永吉自身による選曲を各エピソード約1時間に渡ってお届け。音楽、キャリア、生き方まで、あらゆる選択において自分のやり方=マイウェイを貫き、時代の先を歩み続ける真のロックスターをさらに深く知ることができる。

初回エピソードのテーマは 「出会い」 。日本時間8月5日16時より、Apple MusicのラジオステーションのひとつであるApple Music 1にて、全世界に向けて配信される予定になっている。

(画像提供:Apple Japan)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。