Apple Musicのラジオ番組 「J-Pop Now Radio」 にGLAYのTAKUROが出演。空間オーディオ対応の新作について語る

「Apple Music」 にて配信中のラジオ番組 「J-Pop Now Radio」 の新エピソード(10月6日公開予定)に、GLAYのTAKUROがゲスト出演する。同エピソード内でTAKUROは、今月6日に配信予定の新アルバム『FREEDOM ONLY』について語った。

「J-Pop Now Radio」 エピソード47にGLAYのTAKUROがゲスト出演

GLAYは、ニューアルバム『FREEDOM ONLY』をApple Music限定で配信する。配信は10月6日から、収録楽曲はいずれも空間オーディオに対応した楽曲として配信される。

本作の全ての楽曲の作詞・作曲を手がけたリーダーのTAKUROは、空間オーディオ対応の楽曲制作について、「またすごい技術が現れて。また新たなGLAYの魅力をお届けできるかと思うと、すごいワクワクします」 と興奮をみせた。

「今までのステレオっていうミックスでは、そこにあった限界みたいなもの、今回の空間オーディオってないじゃないですか。でも、自分たちの一音一音がそれぞれリスナーの意識をそこに向けることによって、すべてのプレイが拾ってもらえるから、これはミュージシャンにとっては素晴らしい副音であると同時に切れ味鋭い刃でもあるよね。いいプレイをしてないと、今までは2Mixの中で埋もれてたものが浮き出てしまうから、そこはまた背筋が伸びる思いで聴いていた」 と、新しいテクノロジーによって得た体験や可能性について語った。

「J-Pop Now Radio」 のDJを務める落合健太郎は、iOS 15で提供が開始したダイナミックヘッドトラッキング機能を備えた空間オーディオについて、「顔を左右に向けたり、頭を上下にすることによって音の聴こえ方が変わるというのがすごくユニークだなと思うんです。音楽を一緒に連れて歩いてるというか、TERUさんの声とかもより耳元で感じられるというのが新鮮でした」 と興奮を語った。

ダイナミックヘッドトラッキングは、頭の繊細な動きを追跡し、音楽がヘッドフォンからだけでなく、体の周囲から聴こえるという現実のような錯覚を起こす。頭の向きを変えると、音の向きが変わる。同機能の詳細については、落合健太郎による解説の 「ダイナミックヘッドトラッキング機能を備えた空間オーディオの紹介」 が公開されているので、気になった方はぜひこちらのリンクから試聴していただきたい。

『FREEDOM ONLY』は、現在、Apple Musicでは5曲が空間オーディオ対応で先行配信されており、プレアド (先行追加) が可能。Apple Musicのプレアド機能は、タップするだけでリリース前の作品をライブラリやプレイリストに追加することができ、聴き逃しを防ぐことができる便利な機能。プレアドをするとアルバムの配信開始直後に通知が届き、すぐにストリーミングや共有が可能になる。

GLAYのTAKUROがゲスト出演する 「J-Pop Now Radio」 エピソード47は、10月6日に公開予定。Apple Musicに加入するユーザーは、こちらのリンクから聴くことが可能だ。

「Apple Music」 は、Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。個人プランなら月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約7,500万曲もの楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。初めて利用するユーザーには3ヶ月の無料トライアルも用意されている。

Apple Musicへの登録、もしくは無料トライアルの利用は以下リンクから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。