Apple Musicで日本発ラジオ番組が初公開。第1回ゲストは米津玄師、ナビゲーターは ”オチケン” こと落合健太郎

10月30日、Apple Musicは日本語のラジオ番組 「J-Pop Now Radio」 の配信を開始した。Apple Musicに加入するユーザーは追加料金なしで誰でも視聴することが可能だ。

Apple Musicで日本語のラジオ番組 「J-Pop Now Radio」 が配信開始

「J-Pop Now Radio」 は、Apple Musicがオンデマンドで配信するラジオ番組。注目のニューリリースや話題のヒットソングを紹介するJ-Popの ”今” が詰まった60分のプログラムだ。

番組のナビゲーターは、”オチケン” の愛称で親しまれる落合健太郎氏。同番組の最新エピソードは毎週水曜日に配信される予定となっている。

記念すべき第1回には米津玄師がゲスト出演し、限定インタビューをお届けする。

リンク:J-Pop Now Radio

落合健太郎

日本生まれ、アメリカ育ち。アメリカの大学在学中に、大学キャンパス内に向けたカレッジラジオで番組を手掛ける。帰国後、2000年からラジオDJとしてのキャリアをスタート。これまでに東京、大阪、名古屋で活動し、様々な番組を担当。国内外の数多くのビッグアーティストにインタビューをし、親交を深めてきた。「Music has no border (音楽に国境はない)」 を信念に活動を続けている。

Apple Musicではこれまでニューヨーク、ロサンゼルス、ナッシュビル、ロンドンのスタジオから、Zane Lowe (ゼイン・ロウ) を筆頭に様々な人気DJが参加し、世界中のリスナーに向けたラジオ番組が提供されてきた。さらにビリー・アイリッシュ、エルトン・ジョン、フランク・オーシャン、ザ・ウィークエンド、レディー・ガガ、ナイル・ロジャース、トラヴィス・スコットなどのアーティストがナビゲートする番組も公開されている。今年に入ってからはフランスとドイツから発信される番組もスタートするなど、グローバルなプラットフォーム展開が開始されている。

日本語で制作されるラジオ番組がApple Musicで提供されるのは、今回の 「J-Pop Now Radio」 が初。さらにアメリカ、イギリス、フランス、ドイツに続き、日本がアジア地域で初めてApple Musicのラジオ番組発信地となる。日本のApple Musicリスナーにとっては待望の番組と言えるだろう。

また、このラジオ番組の配信開始にあわせて、Apple Musicのプレイリスト 「J-Pop Now」 も公開された。最新ヒットなど、いま最も注目すべき旬な楽曲を紹介していく予定だ。

Apple Music とは

Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約7,000万曲もの楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。iPhoneやiPad、Macをはじめ様々なデバイスから視聴することが可能。初めて利用するユーザーには無料トライアルも用意されている。

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。