Apple Music、国際女性デー記念でレディー・ガガ本人が選ぶプレイリスト 「Women of Choice」 を限定公開

3月8日、Appleは国際女性デーを記念して、Apple Musicでレディー・ガガ本人が選ぶプレイリスト 「Women of Choice」 を限定公開した。

公開されたプレイリストは、レディー・ガガ本人のニューシングル 「Stupid Love」 から始まり、St. Vincent、Grimes、The Black Madonna、Kelelaなど、楽しくてダンサブルでグローバルなテイストに溢れた世界中の女性アーティストの楽曲で構成されている。プレイリストのテーマは “自由な女性” で、構成楽曲は今後も随時更新されていくとのことだ。

また、Apple Musicでは日本の女性アーティストのプレイリストも2種類公開されている。

J-ロックシーンで活躍する女性アーティストをフィーチャーしたプレイリスト 「J-ロックの女性アーティストたち」 は、tricot、リーガルリリー、CHAI、きのこ帝国などガールパワーのアイコンともいえるエネルギッシュなボーカルや、枠にとらわれずチェレンジ精神に富んだスタイルを打ち出したバンドの楽曲から構成されている。

ユニークな視点とクリエイティビティを通じてJ-Popシーンを盛り上げる女性アーティストたちのプレイリスト 「J-Popの女性アーティストたち」 は、あいみょん、LiSA、中村佳穂、iriなど、新たな価値観を世の中に提示するシンガーソングライターや心地よい歌声で人々の心を癒すミュージシャンの楽曲から構成されている。

今回紹介した3つのプレイリストはすでにApple Musicで視聴可能。Apple Musicは個人プランが月額980円、家族が6人までアクセスできるファミリープランが月額1,480円、学生向けプランが月額480円で提供されている。まだ利用したことがない方は1ヶ月の無料体験も用意されているのでぜひ活用していただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。