Apple TV 4KはApple Musicのハイレゾロスレスを当初サポートせず。将来のアップデートで対応?

HomePodやHomePod miniが将来的にソフトウェアアップデートで、Apple Musicのロスレスオーディオをサポートするという事実が明らかになったAppleの公式サポートドキュメントから、Apple TV 4Kがハイレゾロスレスを当初サポートしない旨が明らかになった。(via MacRumors)

Apple TV 4K、ハイレゾロスレスを当初はサポートせず

米Appleは、「About lossless audio in Apple Music (Apple Musicにおけるロスレスオーディオについて) 」 というサポートドキュメントを更新。このドキュメントの中で、「Apple TV 4K currently doesn’t support Hi-Res Lossless (Apple TV 4Kは現在はハイレゾロスレスをサポートしていない)」 と記載している。

つまり、Apple TV 4Kは、Apple Musicのロスレスオーディオサービスが開始された段階ではハイレゾロスレス音源を利用することができないことを意味する。しかしながら、Appleはここにわざわざ 「現在」 と記載していることを考慮すると、おそらく将来のソフトウェアアップデートでハイレゾロスレスの音楽再生をサポートするつもりなのではないだろうか。

Apple Musicのロスレスオーディオ対応が発表されてから、各Apple製品のロスレス・ハイレゾロスレスのサポートに関する情報が徐々に明らかになりつつある。自分の持っているApple製品がロスレスオーディオに対応するかどうかが気になる方は、当サイトのまとめ記事を確認していただきたい。

関連記事
HomePodとHomePod mini、将来のソフトウェアアップデートでApple Musicのロスレスオーディオ再生をサポート
Apple Musicのロスレスオーディオ、対応デバイスまとめ (随時更新)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。