HomePodのロスレスオーディオ再生は 「iOS 14.6」 で利用可能?iPhoneからのAirPlay経由で

今月8日から開始されたApple Musicのロスレスオーディオサービス。iPhoneやiPadなどで利用することが可能になっているが、HomePod/HomePod miniでもAirPlay経由で利用可能になっていることが判明した、と米メディア9to5Macが伝えている。

HomePodは、AirPlay経由でロスレスオーディオ再生が利用可能?

米メディア9to5Macによると、「iOS 14.6」 をインストールしたデバイスにおいて、HomePod/HomePod miniにAirPlay経由で、Apple Musicのロスレスオーディオ対応楽曲を再生すると、ロスレス音源で再生できるとのこと。

筆者の環境で試してみたが、確かにロスレス音源で再生していることを示す 「ロスレス」 の文字がロスレスオーディオ対応楽曲で表示されていることが確認できた。また、現在開発者向けに配信されている 「iOS 15 beta」 で表示されることも確認できている。

ちなみにSonos OneなどAirPlay対応製品でも試してみたところ、そちらでも 「ロスレス」 の表示が出ていたことから、AirPlay機能全体がロスレスオーディオの再生に対応したと言えるだろう。

ただ一部楽曲においては 「ロスレス」 表示がされない楽曲も存在する。楽曲単位で対応していないものがあるのかもしれない。あるいは一部楽曲において、単に 「ロスレス」 という表示が出ているだけで実際にはロスレスオーディオの再生はできていないのかもしれない。

HomePodのロスレスオーディオのサポートは、サービス発表当初は言及されていなかったが、のちにアップデートでロスレスオーディオをサポートする旨が明かされていた。対応時期は2021年後半を予定しており、HomePod単体でのロスレスオーディオ再生が可能になる。

ちなみにHomePodソフトウェアのベータ版が提供されているユーザーは、HomePodのロスレスオーディオ再生ができるオプションが表示されているようだ。ただ、同オプションを有効化すると音楽再生が停止したり、ステレオペアリングが利用できないこともあるとのこと。今秋の正式リリースを前に調整が続けられているようだ。

関連記事
HomePodとHomePod mini、将来のソフトウェアアップデートでApple Musicのロスレスオーディオ再生をサポート
HomePod mini、Apple TV 4Kのデフォルトスピーカーとして設定可能に。2021年後半にロスレスオーディオをサポート

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。