Apple Music、ロスレスオーディオや空間オーディオに対応。6月から追加費用なしで利用可能

5月17日、Appleは同社音楽配信サービス 「Apple Music」 がロスレスオーディオに対応することを発表した。

6月からApple Musicがロスレスオーディオ対応、追加料金なしで利用可能

2021年6月から、Apple Musicで配信される7,500万楽曲がロスレス音源で再生することが可能になるとのこと。また、Dolby Atmos対応の楽曲を配信することで、空間オーディオ(3Dオーディオ)による音楽再生もサポートする。

ロスレスオーディオや空間オーディオ機能は、Apple Musicに加入するユーザーであれば、追加料金なしで利用可能だ。Dolby Atmosによる空間オーディオは提供開始時点では、数千曲で利用可能。定期的に追加が行われるとのことだ。

ロスレスオーディオのフォーマットはALAC (Apple Lossless Audio Codec)、サンプルレートはCD音質16bit/44.1kHzから24bit/48kHzまで対応するほか、さらに最大24bit/192kHzのハイレゾロスレスにも対応する。

ハイレゾロスレスを利用するにはUSB DACなどの外部装置が必要となるものの、少なくともロスレス音源が利用できるようになるだけでも、これまでより高品質な音楽体験が可能になるはずだ。

なお、空間オーディオ(Dolby Atmos)機能は、H1チップあるいはW1チップを内蔵したすべてのAirPods、Beatsヘッドホン、およびDolby Atmosでの再生に対応した最新のiPhone、iPad、Macで利用可能。

「Apple Music」 は、Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約7,500万曲もの楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。初めて利用するユーザーには3ヶ月の無料トライアルも用意されている。

Apple Musicへの登録、もしくは無料トライアルの利用は以下リンクから。

関連記事
Apple Music:週間ソングランキング(5/3-5/9集計)、藤井 風の 「きらり」 が初登場で11位にランクイン
Apple Musicのラジオ番組 「J-Pop Now Radio」 にあいみょんがゲスト出演。新曲 「愛を知るまでは」 を深掘り

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。