Apple Music、空間オーディオの新キャンペーン開始。Official髭男dismの新曲 「アポトーシス」 をフィーチャー

8月11日、Apple Japanは、定額制音楽配信サービス 「Apple Music」 の新キャンペーンとして 「音があふれる空間をいつでも手の中に」 をスタートさせた。

空間オーディオの新キャンペーン 「音があふれる空間をいつでも手の中に」 スタート

本キャンペーンは、ドルビーアトモスによる空間オーディオに対応した、Official髭男dismの新曲 「アポトーシス」 が使用されている。本日より、日本全国でテレビCMおよびオンライン広告が展開される。

Official髭男dismの新曲 「アポトーシス」 は、空間オーディオで制作した楽曲で、本日よりApple Musicにて配信されている。

また、シングル 「アポトーシス」 が収録されたメジャー2作目のニューアルバム『Editorial』が8月18日にApple Music限定で配信される。『Editorial』の楽曲はすべて空間オーディオに対応している。

今後Official髭男dismの過去作品も、空間オーディオに対応していく予定。なお、このキャンペーン開始と同時に、Apple Musicでは特集ページ 「Official髭男dismを空間オーディオで」 を開設し、Official髭男dismの作品を紹介している。

Apple Musicの空間オーディオは、立体的に音楽が視聴できる機能。Dolby Atmosに対応した楽曲で利用可能だ。今年6月に導入され、サブスクリプション登録者は追加費用なしで楽しむことが可能だ。これまでに、ビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデ、ジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフト、マルーン5、ザ・ウィークエンド、ハービー・ハンコック、ポスト・マローン、クイーン、ビートルズ、コールドプレイ、ザ・ローリング・ストーンズなど、新旧様々なアーティストの楽曲を空間オーディオ対応で配信している。

関連記事
AirPods Max レビュー | 原音忠実な音質に驚愕。長時間でも疲れない装着感が高い没入感を実現する
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリングと音質

「Apple Music」 は、Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約7,500万曲もの楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。初めて利用するユーザーには3ヶ月の無料トライアルも用意されている。

Apple Musicへの登録、もしくは無料トライアルの利用は以下リンクから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。