Apple Music、今夏にも米国内でSpotifyを追い抜く模様 加入者数は3,600万人を突破

Appleの定額制音楽配信サービス「Apple Music」は、今夏にもSpotifyを追い抜く可能性が出てきた。

あくまで米国内の話となるが、Apple Musicの加入者が、Spotifyの加入者数を上回る予測だ。

Apple Musicが米国内でSpotifyを追い抜く可能性

The Wall Street Journalによると、Apple Musicの加入者数は3,600万人に達したとのこと。

昨年9月の段階で、Apple Musicの加入者は3,000万人だったことから、Appleは約600万人のユーザーをわずか4ヶ月で獲得したことになる。

この成長速度は他社に比べてかなり早い。WSJによれば、Apple Musicの加入者の月間増加ペースは5%なのに対し、Spotifyは2%。

仮に、両社ともこの成長スピードを維持した場合、2018年夏にも米国内における音楽配信サービスのナンバーワンの座を獲得することができる。その時期は今年夏頃になるというわけだ。

ただし、冒頭でも触れたが、今回の話はあくまで米国内の市場シェアの話。米国を含めた全世界で、Spotifyを追い抜くのは難しいかもしれない。

理由は、Spotifyの世界シェア獲得ペースは、Apple Musicを上回っているから。Apple Musicの成長速度もかなりのものだが、Spotifyはそれを上回っているようだ。

しかし、Apple Musicはサービス加入者に対し、多数のオリジナルビデオを用意する予定だ。

その中身はほとんど明らかにされていないが、スティーブンスピルバーグ監督など、映画やドラマの匠とも言える人物と契約を結んでいることから、おそらく多くのユーザーにとって魅力的な作品になるに違いない。

音楽コンテンツのみではSpotifyが有利かもしれないが、独自の映像コンテンツも合わせた場合、どちらの方が人気が出るのだろうか。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。