Apple Musicの新人プロジェクト 「Up Next Japan」 。2022年の第1弾は沖縄出身ヒップホップクルー 「SugLawd Familiar」

才能あふれる日本の新人アーティストを紹介するApple Musicのプロジェクト 「Up Next Japan」 。2022年第1弾に沖縄出身のSugLawd Familiarが選ばれた。

SugLawd Familiarは、沖縄出身のOHZKEY、Oichi、Vanity.K、XF MENEWの4人のラッパーにDJのcaster mildを加えた5人組ヒップホップクルー。メンバー全員が高校在学中に結成している。

グループ名は、バルセロナの世界遺産として知られ、着工から100年を経てもなお未完成の建築物に由来。メンバー全員若干20歳。これまでに、1990年代後半から2000年代前半生まれの世代「Generation Z」が聴いている楽曲を紹介する人気プレイリスト 「#ヤンスタ」 で紹介されるなど、Apple Musicのスタッフに注目されてきた過去を経て、今回 「Up Next Japan」 に選ばれた。4月8日に配信開始したニューシングル『Reflection (feat. Vanity.K, Oichi, XF MENEW & OHZKEY)』は、プレイリスト 「Up Next」 の1曲目で紹介されている。

なお、同じく本日公開となったラジオ番組『Tokyo Highway Radio』のエピソード54に、SugLawd FamiliarからOHZKEY、Vanity.K、XF MENEWのMCの3名がゲスト出演。DJのみのによるインタビューに応え、ニューシングル『Reflection (feat. Vanity.K, Oichi, XF MENEW & OHZKEY)』について語った。

また、米軍基地から影響を受けている沖縄のヒップホップシーンや、沖縄の土地柄から生まれる音楽性を大切にしながら、「音楽だけでなく、服作ってる人やカメラ撮ってる人、沖縄のストリートカルチャーに関わってる人たちを全員ぶち上げたい」 と、地元を拠点に活動を続けていく意思について、等身大の気持ちを語っている。

「Up Next」 は、あらゆるジャンルの音楽に目を光らせるApple Musicのスタッフが、世界中から新進気鋭、ブレイク前のフレッシュなアーティストたちの素晴らしい才能にスポットライトを当てる企画。

これまでにもビリー・アイリッシュ、ジュース・ワールド、カリード、H.E.R.などのアーティストが選ばれた後、大きなブレイクを果たしてきた。

(画像提供:Apple Japan)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。