Apple MusicのVoiceプラン、「iOS 15.2」 のリリースとともに実装予定

現地時間12月7日、Appleは開発者向けに 「iOS 15.2 RC」 を配信した。同OSは今年10月よりテストされている 「iOS 15.2」 ベータ版の最終候補版となっているが、「iOS 15.2 RC」 のリリースノートから、Appleが今秋に実装予定のApple MusicのVoiceプランが 「iOS 15.2」 にて実装されることが明らかになった。

Apple MusicのVoiceプランは 「iOS 15.2」 にて実装

「Voiceプラン」 は、Apple MusicをSiri経由で利用できる料金プランで、Apple Musicの中では最安のプランとなっている。

Siriが搭載されたデバイスでのみ利用できるとのことなので、WindowsやAndroidなどでは利用することはできない。また、空間オーディオやロスレスオーディオ、歌詞の表示、ミュージックビデオといった機能にも対応しない。

  • Apple Music 個人プラン:月額980円
  • Apple Music ファミリープラン:月額1,480円
  • Apple Music 学生プラン:月額480円
  • Apple Music Voiceプラン:月額480円

対応デバイスはiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、AirPods、HomePod mini、CarPlay。提供国は米国、英国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、アイルランド、スペイン、オーストリア、ニュージーランド、メキシコ、日本、中国、香港、台湾、インド。

「iOS 15.2 RC」 のリリースノートによると、Apple Musicの新プラン「Voiceプラン」は、「iOS 15.2」 のリリースとともに実装予定であるとのこと。正式版 「iOS 15.2」 は、本日より開発者向けに配信された 「iOS 15.2 RC」 に大きな問題がなければ近いうちに配信される予定だ。

関連記事
HomePod mini レビュー | ソフトボールサイズなのに信じられないほど良質な音。自宅の音楽環境を手軽アップグレード
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリングと音質

Apple公式サイトでAirPodsシリーズを購入する
▶︎ AirPods Pro ▶︎ AirPods (第3世代)
▶︎ AirPods (第2世代) ▶︎ AirPods Max

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。