Apple Music、ライブを生配信する新企画 「Apple Music Live」 発表。第1弾はハリー・スタイルズのライブを生中継

Appleは、同社の音楽配信サービス 「Apple Music」 にて、アーティストのライブパフォーマンスを生配信する新企画シリーズ 「Apple Music Live」 を発表。第1弾として、ハリー・スタイルズのライブパフォーマンスを生配信する。

「Apple Music Live」 は、音楽アーティストのライブパフォーマンスをApple Musicのサービスを通じて生配信するというもの。Apple Music利用者であれば誰でも追加費用なしで視聴することが可能。

本企画の第1弾として発表されたのが、ニューヨーク州ベルモント・パークのUBSアリーナで行われるハリー・スタイルズの一夜限りのライブ。「Apple Music Live:ハリー・スタイルズ」 と銘打ち、ハリー・スタイルズのライブパフォーマンスを生配信する。

このライブパフォーマンスは、5月20日にリリースされるハリー・スタイルズの待望のニューアルバム『Harry’s House』を記念したものとなっていて、同アーティストがアルバムからの楽曲を初披露する予定だという。ちなみに、『Harry’s House』はドルビーアトモスによる空間オーディオに対応しているとのこと。

Apple Music Live:ハリー・スタイルズ」 は、日本時間5月21日午前10時からApple Musicでライブ配信される。また、日本時間5月23日午前1時と5月27日午前0時からはアンコール配信も予定されている。

なお、ハリー・スタイルズがApple Music 1のDJ、ゼイン・ロウ (Zane Lowe) と対談し、ニューアルバム『Harry’s House』の制作について語る映像『ハリー・スタイルズ:The Zane Loweインタビュー』が本日より公開されている。アルバムの制作過程、パンデミックを経験しての想い、仕事とプライベートのバランス、自身のキャリア、ビリー・アイリッシュや元ワン・ダイレクションのメンバーへの気持ちなどについて語っている。

「Apple Music」 は、Appleが2015年から提供している音楽配信サービス。個人プランなら月額980円、ファミリープランなら月額1,480円で約9,000万曲もの楽曲が広告なしで聴き放題になる。楽曲のダウンロードにも対応しており、オフラインでの視聴も可能だ。初めて利用するユーザーには無料トライアルも用意されている。

(画像提供:Apple Japan)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。