Apple、1日の最新ニュースを届けるポッドキャスト 「Apple News Today」 発表。 Apple News+で週20本のオーディオストーリーも配信へ

現地時間7月15日、Appleは1日の最新ニュースを音声で届ける独自のポッドキャスト 「Apple News Today」 、そして定額制ニュースサービス 「Apple News+」 において新しいオーディオストーリー 「Apple News+ Audio Stories」 を配信することを発表した。

Apple Newsにオーディオストーリー機能 「Apple News+ Audio Stories」 が追加

「Apple News Today」 は、Apple NewsのエディターであるShumita Basu氏とDuarte Geraldino氏らがその日の注目ニュースを伝える無料のポッドキャスト番組。月曜から金曜までの平日5日の朝にニュースアプリおよびApple Podcastアプリで最新エピソードが配信されるという。提供地域は米国のみ。

「Apple News+ Audio Stories」 は、Apple Newsのエディターが製作するオーディオストーリーを配信する機能。オーディオストーリーは約20本/週が配信される予定で、Esquire、Essence、Fast Company、GQ、New York Magazine、Sports Illustrated、TIME、Vanity Fair、Vogue、Wired、the Los Angeles TimesやThe Wall Street Journalなどの主要メディアの情報をプロの声優にナレーションをしてもらい作成する。同機能は米国のApple News+加入者が利用できる。

これらのオーディオ機能は、本日提供が開始された 「iOS 13.6」 からCar Playでサポートされるようになったため、車を運転しながら試聴することが可能だ。

さらにApple Newsは、ローカルの情報を提供するべく、地元出版社が提供する新聞や雑誌の情報をキュレーションするようになった。米国ではベイエリア、ヒューストン、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコが対象。

Apple News+では、The Charlotte Observer、the Idaho Statesman、The Kansas City Star、the Miami Herald、The News & Observer、The Stateが配信開始。カナダではLe DevoirがApple News+で配信開始されているほか、The Globe and Mailも今夏後半に利用できるようになるとのことだ。

「Apple News」 アプリは、現時点では米国、英国、オーストラリア、カナダのユーザー向けに提供されている。人気の雑誌や新聞、デジタル発行元のコンテンツなどが含まれる定期購読サービス 「Apple News+」 も提供されており、米国では月額9.99ドル、英国では月額9.99ポンド、カナダでは月額12.99ドル、オーストラリアでは月額14.99豪ドルで登録することが可能。残念ながら日本では利用することはできない。

関連記事
Apple、雑誌読み放題サービス 「Apple News+」 正式発表 月額9.99ドル、提供は北米から

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。