Apple、定額サービスをまとめて契約できるバンドルサービス 「Apple One」 10月提供開始か

Appleは現在、Apple MusicやApple TV+など複数の定額制デジタル配信サービスを提供しているが、これらのサービスをまとめたバンドルサービス 「Apple One」 を今年10月に提供する計画であることがわかった。米メディアBloombergの有名記者Mark Gurman氏が現地時間13日に伝えた。

Appleの定額制サービスをまとめた 「Apple One」 が10月に提供開始?

同紙のレポートによれば、Appleは 「Apple One」 を10月に提供開始する予定であるとのこと。このサービスを使うことで、ユーザーはAppleの定額サービスを複数まとめて契約することが可能、さらにそれぞれ単体で購読するよりも安く加入できるようになっているという。

Mark Gurman氏によれば、Apple Oneの基本パッケージはApple MusicとApple TV+がバンドルされており、それにApple Arcadeが加えられたプラン、さらにApple News+が加えられたプラン、そして最上位プランとしてiCloudストレージの契約ができるプランも用意されているとのこと。当然、バンドルされるものが多くなればなるほど料金は上がることになるが、いずれも単体で購読するよりは安くなるようになっているとのことだ。

「Apple One」 の提供は2020年10月を予定。これは新型iPhoneの発売に合わせる形でローンチとなる予定だという。

同サービスを提供することで、Appleとしてはサービス部門の売上増加が期待できる。また、ユーザーにとっても個別に契約するより安くAppleのサービスを利用できるため、たとえばこれまで払っていたものとほぼ同等の金額で、他サービスを使えるようになるかもしれない。

関連記事
Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ
iMac 27インチ(5Kモデル,2020) レビュー | Intelプロセッサ搭載の最新iMac、どんなユーザーにオススメ?

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。