「Apple One」 明日サービス開始、「Apple Fitness+」 は今四半期後半スタート

現地時間10月29日、Appleは2020年第4四半期(2020年7月〜9月期)決算の発表にあわせる形で、今秋に提供予定とされていた定額サブスクリプションサービスのバンドルサービス 「Apple One」 を明日10月30日、日本時間では10月31日に提供を開始することを発表した。

AppleのCFO最高財務責任者Luca Maestri氏が米メディアBloombergのMark Gurman氏を経由する形で明らかにした。

バンドルサービス 「Apple One」 が明日から提供開始

「Apple One」 は、Appleが提供している定額サービスをまとめて契約できるバンドルサービス。日本では 「Apple Music」 「Apple TV+」 「Apple Arcade」 「iCloudストレージ」 の4つの定額サービスをまとめて契約可能。

プランは個人プランと最大5人の家族で利用できるファミリープランの2種類が用意されていて、月額料金は個人プランが1,100円、最大5人の家族で利用できるファミリープランは月額1,850円。プランによってiCloudストレージの容量に違いがあり、個人プランは50GB、ファミリープランは200GBだ。それぞれのサービスを個別で契約するよりも個人プランは1,210円、ファミリープランは1,230円お得だ。

ちなみに、年内提供予定としていた定額フィットネスサービス 「Apple Fitness+」 については今四半期後半に提供される予定であるとのことだ。

関連記事
Apple、定額サービスを複数まとめて契約できる 「Apple One」 を正式発表。国内では月額1,100円から
Apple、定額フィットネスサービス 「Fitness+」 発表。提供開始は年内、ただし日本は対象外

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。