Apple Pay、まもなくオランダやギリシャなど16カ国でサービス開始へ 年内には40カ国以上で利用可能に

Appleの独自決済サービス 「Apple Pay」 がまもなく利用可能国を一気に広げる予定であることがわかった。

5月14日(現地時間)、イギリスのモバイルバンク 「Monese」 が、オランダやギリシャを含むヨーロッパ13カ国で、Apple Payのサービスが開始される予定であることを伝えた。具体的なサービス開始日は不明だが、Moneseは 「Soon (まもなく)」 としていることから、サービス開始はそう遠い話ではないようだ。

新たにApple Payのサービスが開始されるのは以下の13カ国。

  • ブルガリア
  • クロアチア
  • キプロス
  • エストニア
  • ギリシャ
  • リトアニア
  • リヒテンシュタイン
  • ラトビア
  • マルタ
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • スロバキア
  • スロベニア

Apple Payに関しては、今月にはアイスランドでサービスが開始されており、ほかにもオランダやハンガリー、ルクセンブルグなどでもサービス開始が近いとされている。

現在、Apple Payが利用できる国は全部で38カ国だが、上記のサービス開始予定国を加えると54カ国になる。ちなみに、今月1日に実施されたAppleの19年第2四半期決算発表の際、同社のティム・クックCEOは、2019年内にApple Payのサービス提供国を40カ国以上に増やすことを表明していた。

関連記事
Apple Pay、アイスランドでサービス開始
Apple Pay、2月19日にサウジアラビアとチェコでサービス開始へ

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。