Apple Pay、2月19日にサウジアラビアとチェコでサービス開始へ

Appleの独自決済サービス 「Apple Pay」 が、まもなくサウジアラビアとチェコでサービス開始されることがわかった。

両国でのApple Payサービス開始日は2019年2月19日。チェコに関しては現地メディアiDNES.czが報じており、Air BankやKomercni bank、Ceska sporitelna、Monet、mBank、Fio Equa、Creditasといった銀行が提携予定であるとのこと。

また、サウジアラビアに関しては同国内に拠点を置く世界最大のイスラム銀行Al-Rajhi Bankが提携予定。同銀行のApple Payサービス開始を伝える広告がすでに出回っており、その広告には2月19日がローンチ日である旨が記載されているのが確認できる。ちなみに、同国でApple Payのサービスが開始予定であることはすでに公式にアナウンスされていた。

チェコとサウジアラビアでサービスが開始されることで、Apple Payが利用できる国・地域の数は34になる。ちなみに、この他にもスロバキアでApple Payのサービスがまもなく開始されるという情報もあるため、スロバキアも含めるとApple Payを利用できる国は全部で35カ国に拡大することになる。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。