「Apple PayのPASMO春トク1,000円分キャッシュバック!キャンペーン」 通学定期券の手続き遅延で5月7日購入分まで対象に

4月27日、株式会社パスモおよびPASMO協議会は今年3月から開催していた 「Apple PayのPASMO春トク1,000円分キャッシュバック!キャンペーン」 について、手続き遅延の影響で通学定期券の購入が間に合わなかったユーザーに対して対象期間を延長することを発表した。

通学定期券の購入が間に合わなかったユーザー向けに対象期間を延長

「Apple PayのPASMO春トク1,000円分キャッシュバック!キャンペーン」 は、当初4月23日まで開催される予定だったが、4月1日から4月23日頃まで通学定期券の申請が集中し、申請から定期券購入の手続きが完了するまでに約2~3週間程度の遅れが発生していた。

この手続き遅延を受け、エントリーしたユーザーのうち、キャンペーン期間中にApple PayのPASMOで通学定期券の購入が間に合わなかったユーザーには、5月7日(金)23時59分までの購入分までは購入金額として計算し、キャッシュバックの対象とすることが案内されている。

ちなみに、有効なICカードのPASMO定期券の移行、交通・電子マネー利用については対象期間の変更はないとのこと。あくまで通学定期券の購入のみに限定して期間が延長されるかたちだ。

関連記事
Apple PayのPASMO、1,000円還元キャンペーンを3月15日開始。新規発行、5千円以上利用などが条件

[ via ケータイWatch ]

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。