Visa、Apple Payに正式対応。本日からタッチ決済が利用可能に

5月11日、VisaはApple Payに正式対応したことを発表した。同日より、iPhoneやApple WarchなどApple Payに対応したデバイスにおいて、Visaのタッチ決済等が利用可能だ。

VisaがApple Payに正式対応

Visaによると2021年5月11日(火)より、Visaのタッチ決済やオンライン決済など順次Visaの決済機能がApple Payで利用できるようになる。Suicaへの直接チャージもできることが確認できた。

すでにApple PayにVisaカードを登録しているユーザーの場合は追加設定は不要で、カード券面にVisaのロゴマークが表示されていれば利用することが可能だが、手動で当該カードを削除し、再登録することでVisaを利用することが可能になる。新たにVisaカードを登録する場合は、Apple Payに登録することですぐに利用できるようになる。

VisaのApple Payは、以下の発行会社から発行されたカードのみ対応しているとのこと。これらのVisaカードをお持ちの方はぜひご利用いただきたい。

  • アプラス
  • SMBCファイナンスサービス
  • NTTドコモ
  • エムアイカード
  • クレディセゾン
  • ジャックス
  • 三井住友カード
  • 楽天カード
▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。