「Apple Podcast サブスクリプション」 が本日から提供開始

現地時間6月15日、米Appleは 「Apple Podcast サブスクリプション」 の提供を開始した。全世界で提供される数千のApple Podcastサブスクリプションとチャンネルが、本日から利用可能になっている。

「Apple Podcast サブスクリプション」 が提供開始

「Apple Podcast サブスクリプション」 は、Podcast番組の制作者が視聴者に対してサブスクリプションサービスを提供できるというもの。月額料金は制作者側が0.49ドルから自由に設定することが可能で、年額払いと月額払いの両方を設定可能。加入者は、追加のコンテンツや特典、広告なし再生などを楽しむことができる。

番組制作者側は年額19.99ドルを支払い 「Apple Podcasters Program」 に加入することで、サブスクリプションサービスを始動することが可能だ。初期パートナーとしてPushkin Industries、QCODEおよびNPRなどが挙げられているが、今後パートナーは拡大する見通し。

同サービスは全世界170以上の国と地域で提供され、iOS 14.6、iPadOS 14.6、macOS 11.4、watchOS7.5、tvOS14.6以降のOSをインストールしたデバイス、HomePodシリーズで利用可能だ。

同サービスの始動に合わせる形で、ポッドキャストアプリの刷新も行われる。好きなポッドキャスト番組を探しやすくなるだけでなく、トップチャートやカテゴリから興味のある番組を探しやすくなっている。

「Apple Podcast サブスクリプション」 については、当初5月に提供開始と発表されていたものの、先月29日にPodcastのクリエイター宛てに、提供開始時期を6月に延期すると通達。延期の理由については、「To ensure we are delivering the best experience for creators and listeners, (クリエイターとリスナーに最高の体験を提供するため)」 としていた。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
Apple Musicのロスレスオーディオ、空間オーディオの提供開始

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。