Appleがユーザーのプライバシーを守る取り組みについてのメッセージを発表!

「あなたのプライバシーに関するAppleの取り組みについて。Tim Cookからのメッセージ」

Privacypolicy-of-apple01

本日、AppleのHPにこんなメッセージが掲載された。

どうしてこんなものが突然、HPに掲載されたのかというと、このページに理由が書いてあった。

私たちは、あなたの個人情報の取り扱い方と、どの情報を収集してどの情報を収集しないか、なぜそうするのかを説明するために、このウェブサイトを用意しました。プライバシーに関するAppleの最新情報を少なくとも年に一回、そしてポリシーに大きな変更があった時に、このウェブサイトで必ずお知らせします。

個人情報保護が叫ばれている昨今、度々問題になるのが個人情報漏洩。大小問わずネット上には個人情報が溢れかえっている。時には企業のデータベースから漏れたり、時には個人情報が売買される時代。
もはや個人情報は自分自身で守るしかないのが現実である。

そんなネット環境が現実ではあるが、今回Appleが発表した内容を読んでビックリした。
個人情報についてここまで書く会社があっただろうか。
SNS上ではこのメッセージを読んだ人の意見として、「しばらくAndroidユーザーだったけど次買うときiPhoneにしようかな」とか「Appleの理念を他者も勉強すべき」という声をちらほら見た。
ぜひこのメッセージを読んでみてほしい。僕たちの個人情報はどのように守られているか分かるだろう。

【政府などの要求で開示したカスタマーデータはユーザー全体の0.0057%】

privacypolicy-of-apple03

特に面白いと思ったのが、これだ。Appleは政府などの法執行機関の要求のうち、全体のユーザーの極わずかしか情報提供していないということを公表している。

privacypolicy-of-apple04
さらに、米国政府による国家安全保障のために個人情報の開示をした件数が250件〜499件の間だそうだ!
HPには続けてこう書いてある。

「もっと具体的に数字をお伝えしたいのですが、これが現在、法令の許す範囲でAppleが開示できるもっとも正確な情報です。」

あまりにリアルすぎるコメント!どうやらAppleはこのメッセージで噓や偽りはないようだ。
Appleの個人情報に関する取り組みの本気度が伺える。

ちなみに法執行機関(警察など)の要求のうち、デバイスに関するカスタマーデータの提供が94%(盗難等の捜査のため)、ユーザーからiTunesやiCloudのアカウントの失念や紛失による問い合わせ対応が6%だということ。
ここまで公開するのか!笑

Privacypolicy-of-apple02

Appleはこのページで個人情報を保護するためにユーザー側でするべきことを紹介している。これについては別記事で紹介するのでこちらを参考にしてほしい!
関連記事:【Appleが推奨する個人情報を守る16の方法】

こちらから今回公開されたAppleのページに行くことができる。この記事では要約しているため、全文がご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

[via Apple]

Privacypolicy-of-apple01
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう