Apple Silicon搭載&デザイン変更を伴う新型MacBook Proは2021年発売。14・16インチの2ラインナップで登場か

Appleは2020年末から約2年をかけて、Mac内蔵チップをIntel製のものから独自開発のARMベースチップ 「Apple Silicon」 に置き換えていく計画だ。

このチップを搭載した最初のMacは新型iMacになると一部メディアは予想しているが、その予想とはやや異なる情報を伝えている人物がいる。その人物とは、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏。

同氏は、ARMベースチップを搭載した初めてのMacは13インチMacBook Proで、同モデルの発売は2020年第4四半期であると以前伝えていたが、この情報についてMing-Chi Kuo氏は現地時間10日に公開した投資家向けレポートの中で改めて言及。やはりARMベースチップを搭載した初めてのMacは13インチMacBook Proであるとしている。

13インチMacBook ProがARMベースチップを搭載した初のMacに?

TFIのアナリストの予測によれば、Appleは2020年第4四半期にApple Siliconを搭載した13.3インチMacBook Proを投入する計画であるとのこと。そして同チップを搭載したMacBook Airの生産も同時期に開始され、2020年冬もしくは2021年春のどこかで発売する計画であると伝えた。

さらに2021年には14インチ・16インチの画面を搭載した新設計のMacBook Proが登場するとKuo氏は予想している。もしこれらの情報が事実であれば、MacBook Airの新型モデルはこれから半年後に登場し、MacBook Proに至っては半年後に新型13インチモデルが登場、1年以内に新デザインを採用した14インチ・16インチモデルが登場することになる。

Kuo氏は、Apple Siliconを採用することでMacBook Airのエントリーモデルの価格を押し下げることができると信じている。Intelのプロセッサではなく、独自開発のチップを搭載することで製造にかかるコストを圧縮できると考えているようだ。もしかすると、MacBook Airはより高いコストパフォーマンスを実現できる可能性がある。

ただし最近のKuo氏の情報は以前ほど高い的中率を発揮できていない点に注意が必要だ。彼はここ数年、ほぼ百発百中に近いレベルでAppleの未発表製品について予測できていたが、TFIに移籍してからやや情報精度が落ちている傾向にある。もちろん、コロナ禍という不安定な時局であること、そしてAppleが内蔵チップの変更という大規模なプロジェクトを動かしていることもあり、製品スケジュールがフレキシブルに動いていることも影響している可能性があるが、いずれにしてもKuo氏の情報がすべて正しいと過信するには現状ではやや危険といえるのかもしれない。

ちなみにKuo氏は24インチiMacが2020年第4四半期~2021年初頭(=2020年10月~2021年3月)に発売すると以前伝えていたが、今回の投資家向けレポートで24インチiMacが触れられなかったことから、おそらくこのスケジュールについては変更がないものと予想される。

関連記事
Apple Siliconを搭載した新型24インチiMac、2020年第4四半期に登場へ
Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。