国内Apple Store、緊急事態宣言解除をうけて営業時間短縮を21時までに緩和

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、現在短縮営業を行っている国内Apple Store。昨今の緊急事態宣言の解除をうけ、閉店時間が21時に緩和される。

国内Apple Storeの全店舗が21時閉店に

首都圏の緊急事態宣言解除を受け、国内のApple Storeの営業時間は、これまでの 「午前11時〜午後8時まで」 から 「午前11時〜午後9時まで」 に変更し、1時間営業時間を延長する。

首都圏以外のApple Storeについては今月23日(火)から営業時間短縮の緩和が行われていたが、今月29日(月)からは首都圏のApple Storeについても緩和が行われる。これで全国10店舗のApple Storeの営業時間は、「午前11時〜午後9時まで」 に統一される事になる。

ストア名 3月28日までの営業時間 3月29日からの営業時間
Apple 銀座 11:00〜20:00 11:00〜21:00
Apple 丸の内 11:00〜20:00 11:00〜21:00
Apple 新宿 11:00〜20:00 11:00〜21:00
Apple 渋谷 11:00〜20:00 11:00〜21:00
Apple 表参道 11:00〜20:00 11:00〜21:00
Apple 川崎 11:00〜20:00 11:00〜21:00
Apple 京都 11:00〜21:00 11:00〜21:00
Apple 心斎橋 11:00〜21:00 11:00〜21:00
Apple 名古屋栄 11:00〜21:00 11:00〜21:00
Apple 福岡 11:00〜21:00 11:00〜21:00

この変更は、政府による首都圏の緊急事態宣言が解除されたことを受けての対応と考えられる。ちなみに、開店時間に関しては変更はなく、いずれの店舗でも11時開店となる。入店には事前予約が必要となるため、Apple Storeで製品の購入を検討している方は必ず事前予約を忘れないようにしよう。

関連記事
Mac mini 2020 レビュー | M1チップで高性能化した次世代機のGoodポイントとBadポイント
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。