Apple Storeのロゴが今年も赤く染まる 世界エイズデーに合わせて記念キャンペーン実施

12月1日の世界エイズデーに合わせて、AppleはApple Storeのロゴを赤く染めている。このレアな赤色のAppleロゴは、本日から12月2日まで各Apple Storeで見ることが可能だ。

世界エイズデーに合わせてApple Storeのロゴが赤色に

Appleは毎年12月1日の世界エイズデーを記念してエイズ撲滅・対策支援キャンペーンを発表するが、このAppleロゴを赤く染める取り組みはその一環。

Appleが実施する支援キャンペーンの内容は、Apple StoreおよびApple公式サイトでApple Payを使って製品を購入すると、決済につき1ドルをAppleが世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付するというもの。また、Appleは年間を通して同基金を支援するための製品 「(PRODUCT)」 を販売しており、同製品の売上の一部も基金に寄付している。

これらのキャンペーンによって、Appleは過去13年間で2億2000万ドル(約240億円)もの金額を基金に寄付してきた。これは今月27日に発表されていた内容だ。

昨年は同様のキャンペーンが実施されていたが、昨年は12月1日から12月7日まで実施されていたため、今年は少しだけ早い開催となる。ちなみに、国内では 「Apple 銀座」 「Apple 表参道」 「Apple 新宿」 のほか、複数の店舗でこの赤いAppleロゴを見ることができるようだ。

関連記事
Apple、世界エイズデーキャンペーンをスタート Apple Payでの買い物に1ドルを寄付
Apple、2019年のホリデーシーズン向けCM 「Holiday — The Surprise」 公開

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。