Apple Store、2022〜23年末年始の営業時間をアナウンス。大晦日は18時閉店、年始は2日午前10時から営業

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple Japanは12月27日、同社直営店 「Apple Store」 の2022年度 (2022-2023) の年末年始の営業時間を発表した。

営業時間はApple公式サイトで告知されていて、今回の年末年始は昨年度と同じスケジュールで営業する予定であることがわかった。

2022年度年末年始の営業スケジュールは例年通り

Appleの発表によると、2022年度年末年始のApple Storeの営業時間は例年とおなじく12月31日から1月2日まで変則的になる予定。

まず、年内の営業時間については12月30日まで通常通り10時〜21時の営業となるものの、大晦日(12月31日)は10時〜18時の営業時間となる。

そして年が明けた2023年については、元日は終日クローズとなり、営業再開は1月2日午前10時からになる予定。2日の営業時間はほとんどの店舗で10時〜20時となるが、Apple 川崎のみ10時〜21時までの営業となる。

Apple Storeの営業時間
日付 営業時間
2022年12月31日(土) 10時~18時
2023年1月1日(日) 休業
2023年1月2日(月) 10時~20時
(Apple 川崎のみ10時〜21時)
2023年1月3日(火)以降 10時~21時

ちなみに、1月2日は初売りが行われるものとみられているが、12月27日午前0時現在ではまだアナウンスはされていない。

関連記事
Apple、ホリデーシーズンに向け返品期間を延長。11月4日以降に受け取った商品は2023年1月20日まで返品可能に
App Store Connect、2022年はクリスマス休暇なし。ホリデーシーズン中も新規・アップデート申請が可能

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。