Appleの公式下取り 「Apple Trade In」、利用可能年齢が 「18歳以上」 に変更

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple製品を購入する際に、購入費用を抑えられる下取りサービス 「Apple Trade In」。先日の成人年齢の引き下げによって、利用できる年齢が 「20歳以上」 から 「18歳以上」 に変更された。

「Apple Trade In」 は、Appleが自ら提供しているデバイスの下取りサービス。Apple製品や他社製スマートフォンを下取りに出すことで、iPhoneの購入時に割引を受けたり、下取り額相当のApple Gift Cardを受け取ることができるというもの。以前は 「Apple Give Back」 という名称でサービスが提供されていたが、2019年にサービス名が 「Apple Trade In」 に改称されている。

これまで本サービスの利用には20歳以上であることが条件とされていたが、2022年4月1日から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことを受けて、本サービスの利用可能年齢が 「18歳以上」 に引き下げられている。

なお、「Appleの下取りサービスの利用規約」 にはまだ 「本下取りサービスを利用するには20歳以上……」 との記載があるが、こちらも近いうちに変更されることが予想される。

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。