最新Apple TVで隠しコマンドを入力して裏メニューを出現させる裏技が発見される

最新のApple TVが発売されてまだ2ヶ月ほどしか経っていないが、十分に使いこなせているだろうか。

App Storeからアプリがダウンロードできるようになったことで、できることが格段に増えたApple TVだが、どうやら普段僕らが使っているApple TVにはまだまだ隠された機能が存在することが判明した!

「再生 / 一時停止」ボタンを4回連打で裏メニューに

iDownloadBlogは、ユーザーが普段何気なく使っているApple TVの「設定画面」で隠しコマンドを入力することで「裏メニュー」を出現させることができると伝えている。

apple-setting-reverse1

方法はいたって簡単で、まずApple TVのホーム画面から[設定]>[システム]を選択し、[ソフトウェア・アップデート]の画面に進む。

apple-setting-reverse2

そして、「ソフトウェア・アップデート」にカーソルを合わせた状態で「Siri Remote」の「再生 / 一時停止」ボタンを4回連打すると、「Advanced Settings (高度な設定)」という裏メニューが出現するはずだ。

apple-setting-reverse3

裏メニューはtvOSの開発者用のメニューか

出現させた裏メニューを見ると、表示されているものは「Verify AppleConnect Credentials(AppleConnect資格情報を検証)」や「Build Number(ビルドナンバー)」などのtvOSのデバック用かApple社員向けの項目ばかり。

apple-setting-reverse4

中には「Load VPN Profile(VPNプロファイルを読み込む)」といったものまで存在し、何かに応用できそうな項目も存在する。

現時点でVPNファイルの読み込ませ方は不明だが、外出先や海外からの接続が可能になるなど、ユーザーが何かしらに利用できる方法が発見されるかもしれない。

これら裏メニューから即座にユーザーが何かに利用できることは少なそうだが、Appleの製品で裏メニューを出現させることができるのは珍しいので、試しに一度出してみるのもアリかもしれない?

この機能はAppleの提供している正式な機能ではないと思われるため、もし試す場合は自己責任の上でお願いします!

[ via iDownloadBlog ]

Apple TV 4th Generation
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう