WWDC20の発表はソフトウェア中心か。新型Apple TVやHomePodは2020年後半発売と報道

来週月曜日、Appleはいよいよ年次開発者会議 「WWDC 20」 を開催する。

同イベントでは次期iOS、macOSなどの各ソフトウェア、そして新型iMacをふくむ様々な新製品が発表されることが予想されているが、米メディアBloombergによれば、今年のWWDCはソフトウェア中心の発表になる予定とのこと。次期ハードウェアが発表されない可能性が出てきた。

WWDC20基調講演はソフトウェア中心の発表に?

Bloombergによれば、AppleがWWDCで発表する内容はソフトウェアが占めるとのこと。例年通りだとiOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSなどの次期バージョンが披露されるはずだが、今年の中心はMac。主に、MacにARMベースのカスタムチップを搭載する計画や、iOS・iPadOSアプリのmacOSへの移植計画などが発表されるという。

今回のWWDCには、次期ソフトウェアだけでなく次期ハードウェアの発表に期待している人も多いと思うが、もしかするとWWDCではなんらかの新製品が発表されることはないのかもしれない。

Bloombergは今回の報道で、次期Apple TVとHomePodが2020年後半に発表されると報告した。

また、最近頻繁に噂されている新型iMacについて、これまでBloombergは今回も含めてほとんど言及していない。今回のWWDCで発表されることはないと踏んでいるのかも。もしそうだとすれば、今回のWWDCでこれらの新製品が発表されることはなさそうだ。

Bloombergは、今回のWWDCで 「今後発売する新製品のための “舞台” を作る」 と伝えている。今後発売する次期iPhoneやApple Watch、Apple TV、HomePod、さらにiMacやMacBook Proに向けたOSのアップデートが発表される可能性が高い。

関連記事
Apple、WWDCでMacのARMベースチップ移行計画をついに発表か。Intelからプラットフォーム移行へ
Apple社内に”HomePodの救済部門”が存在か。HomePod miniと新型Apple TVが2020年に登場予定

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。