「Apple TV Remote」 アプリのアイコンがSiri Remoteに変更

3月27日、Appleは 「Apple TV Remote」 アプリをアップデートし、アプリアイコンを変更した。従来のロゴデザインからApple TVのコントローラ 「Siri Remote」 を示すデザインに変更されている。

Apple TV Remote」 アプリは、Apple TVを使う際、iPhoneをコントローラとして使用するためのもの。タッチジェスチャーでApple TVをコントロールしたり、文字入力が素早くできるようにソフトウェアキーボードが使えるようになっているなど、Apple TVを利用している方にとってはお馴染みのアプリとなっている。

ちなみに、今回のアップデートではアプリアイコンだけでなく、パフォーマンスと安定性も全体的に改善されているとのことだ。Apple TVを利用しているユーザーはぜひApp Storeからアップデートを。最新バージョンは 「2.2」 だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。