HomePod mini、Apple TV 4Kのデフォルトスピーカーとして設定可能に。2021年後半にロスレスオーディオをサポート

現地時間6月7日、Appleは開発者向けイベント 「WWDC21」 の基調講演を配信し、HomePodに関するアップデートを発表。

同講演の中で、今秋からApple TV 4Kのデフォルトのスピーカーに、HomePod miniを設定できるようになることが明らかにされた。

HomePod miniがApple TV 4Kのデフォルトのスピーカーとして設定可能に

これまでApple TV 4Kは、HomePodのみがデフォルトのスピーカーとして設定可能だったが、今秋からはHomePod miniもこれに設定できるようになる (これまでは一時的なスピーカーとして接続することしかできなかった)。HomePod miniユーザーには嬉しいアップデートだ。

さらに2021年後半には、HomePod miniのApple Musicでロスレスオーディオをサポートする予定であることも案内されている。

また、AppleはHomePod miniの販売国を拡大することも発表している。6月中にはオーストリア・アイルランド・ニュージーランドで、年内にはイタリアでも販売を開始するとのことだ。

関連記事
「iOS 15」 WWDCで正式発表。新機能やリリース日などまとめ
「iPadOS 15」 新機能まとめ、対応デバイスや配信時期なども。マルチタスクやクイックメモなど新機能多数

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。