米Apple公式サイト、学生・教職員割引で購入する際は教育機関の認証が必須に

米Apple公式サイトの学生・教職員向けストアで製品の割引を受ける場合、UNiDAYSによる教育機関の認証が必須になったことが判明した。とあるRedditユーザーが報告している。

Apple公式サイトには学生・教職員向けストアが設けられており、学生をはじめ、教職員やPTA役員として活動中の方はMacやiPadなどの特定のApple製品を割引価格で購入することができる。

以前まで、米Apple公式サイトの学生・教職員向けストアは誰でもアクセスでき、UNiDAYSの認証をしなくても割引を利用することができたが、現在はUNiDAYSの認証をしなければストアにアクセスできず、割引も受けることができなくなっている。

UNiDAYSによる認証はインドや英国などの学生・教職員向けストアで導入されていたが、今後は米国の学生・教職員向けストアでも認証が必要に。ちなみに、カナダでは依然として認証なしで学生・教職員向けストアにアクセスできることが確認できている。

国内Apple公式サイトの学生・教職員向けストアはどうかというと、現時点ではこれまで同様にUNiDAYSによる認証なしで製品を購入できる。

将来的には米国ストアでの変更と同様に、国内ストアでも認証が求められるようになる可能性があるが、今回の仕様変更は学生・教育従事者ではないにも関わらず不当に製品を安く購入しようとするユーザーを抑制することが目的とみられる。本当の学生や教育従事者であれば、UNiDAYSによる認証が追加されたとしてもこれまで同様に割引価格で購入することができる点についてはぜひ安心していただければと思う。

(via MacRumors)

関連記事
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように
iPad Pro 2021 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?M1チップなど性能を検証してみた

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。