古いApple Watchを修理に出すと、今ならApple Watch Series 2になって帰ってくるかも 在庫不足が原因の模様

apple-watch

もし、現在お持ちのApple Watchが何らかの不調を訴えているなら、今修理に出してみると 「Apple Watch Series 2」 になって帰ってくるかもしれない。米メディアMacRumorsが、Apple認定サービスプロバイダに配布された資料から明らかになったと報じた。

旧型Apple Watchが修理に出された場合、Series 2を代用品として提供

社内文書によると、Appleは 「Apple Watch (初代)」 と 「Apple Watch Series 1」 の42mmモデルが修理に出された場合、交換対応品として 「Apple Watch Series 2 (42mmモデル)」 を提供することを許可するとのこと。

上記対応の対象となるモデルに関しては、アルミニウムケースモデルなのか、ステンレススチールケースモデルなのかなど詳細は記載されていないため、42mmモデルであればすべてが対象となる可能性がある。38mmモデルに関しては記載されていないため、今までと変わらず修理が可能であると予想される。

これは 「Apple Watch (初代)」 、「Apple Watch Series 1」 の交換用部品が不足していることが原因とみられ、あくまで一時的な対応であると予想される。今回、MacRumorsが報じた社内文書によれば、この対応は2019年2月から4月にかけて実施されるとのこと。また、文書はApple認定サービスプロバイダ宛に送られたものであるとのことだが、おそらくApple StoreのGenius Barでも同じ対応が取られている可能性が高い。

もし、これから旧型Apple Watchを修理に出そうとしているなら、2月から4月の間は 「Apple Watch Series 2」 に交換される可能性があることをぜひ知っておくべきだろう。特に 「Apple Watch (初代)」 の場合は、Series 2に変えることで性能が向上するため、あえてこの期間に修理に出すと1世代新しいデバイスにアップグレードできるかもしれない。

ただし、初代モデルを失いたくない人にとってこの交換対応はあまり好ましくないだろう。もし、これを避けたいなら2月から4月はApple Watchを普段よりも大事に使うことをお勧めする。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 4
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。