Apple Watch Series 6の特徴は処理の高速化と耐水性能の強化?著名アナリストKuo氏が伝える

2020年の秋に登場するであろう次期Apple Watchこと、「Apple Watch Series 6」 は、処理の高速化と耐水性能の強化が特徴になる可能性が高そうだ。

Apple製品に関する予測を悉く当ててきたTF International Securitiesの名物アナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けレポートの中で伝えている。

次期Apple Watchは通信速度や耐水性が向上

Kuo氏によれば、次期Apple Watchは2020年に発売するとのこと。パフォーマンスの改善が行われ、さらにWi-Fiやモバイルデータ通信の速度が向上するという。

これらはApple Watch内部に使用されているフレキシブル回路基板の材料が、これまでのPI(ポリイミド樹脂)からLCP(液晶ポリマー)に変更されることで実現されるとのこと。

また、耐水性能も強化されるとKuo氏は伝えている。具体的にどれくらいの耐水性能になるのかは不明だが、Apple WatchはSeries 5の時点ですでに水深50メートルまで耐えうる高い耐水性能を実現しているため、これ以上になるのであればもっと深い海の中に潜ることができるようになるかもしれない。

次期Apple Watchの発表時期はおそらく2020年秋。5Gに対応したiPhoneと同時に発表されることが予想され、来年のApple WatchはiPhoneとともに販売台数が伸びる可能性がある。

関連記事
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格
Apple Watch用の純正「睡眠アプリ」はやはり存在。別の純正アプリの説明文でAppleが自ら言及

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。