Apple Watchの 「ヨガの日チャレンジ」 6月21日に開催。国際ヨガの日を記念

昨年に続き、今年もApple Watchの限定アクティビティチャレンジ 「ヨガの日チャレンジ」 が開催されることがわかった。海外Apple系メディアMacRumorsが伝えている。

Apple Watch所有者は、6月21日の 「国際ヨガの日」 にあわせてヨガのワークアウトをすると、特別なステッカーとバッジを手に入れることが可能だ。

「ヨガの日チャレンジ」 が2022年も開催

「ヨガの日チャレンジ」 は、6月21日の 「国際ヨガの日」 を記念して作られたApple Watchの期間限定アクティビティチャレンジ。2019年にはじめて開催され、今年で4回目の開催となる。

本チャレンジは、6月21日に20分のヨガのワークアウトを実施することでクリアできる。ヨガのワークアウトをすると特別なステッカーとバッジを手に入れることが可能だ。

条件はさほど難しいものではないため、多くの人が獲得できるはず。チャレンジ開催当日は当サイトで改めてお知らせする予定だが、忘れないためにもぜひご自身でリマインダーなど設定しておこう。

関連記事
Apple Watch Series 7 レビュー 画面がさらに大きくなった新型モデル、どんなユーザーにオススメ?

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

(画像:MacRumors)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。