Apple Watchの 「心臓月間チャレンジ」 2021年も開催へ

Appleは今年もバレンタインデーと心臓月間を記念したアクティビティチャレンジ 「心臓月間チャレンジ (Heart Month Challenge)」 を開催することがわかった。現地時間2月2日、米Apple系メディア9to5Macが同チャレンジ開催の詳細を伝えている。

バレンタインデーと心臓月間を記念したアクティビティチャレンジが2021年も開催

9to5Macによると、Appleは2021年もApple Watchユーザー向けに 「心臓月間チャレンジ」 を提供するとのこと。

「心臓月間チャレンジ」 はバレンタインデーと、米国で2月に実施される 「Heart Health Month (心臓健康月間)」 を記念したもの。心臓健康月間は、米国人の死亡原因の首位である心臓疾患を減らすため、心臓の健康を保つこと、心肺蘇生法や心肺停止時の応急手当など、心臓に関する関心を高めるためのキャンペーン。

今年の 「心臓月間チャレンジ」 は、バレンタインデーの2月14日に60分の運動をすることで達成可能だ。昨年は2月8日~14日の7日間、毎日 「エクササイズリング」 を完成させることで達成可能だったため、今年は達成難易度が下がったといえるだろう。

同チャレンジをクリアすることで、エクササイズリングの中に 「2021」 の文字が書かれたメダルやハートマークをモチーフにした限定ステッカーを受け取ることができる。日本でも提供予定なため、Apple Watchをお持ちの方はぜひ挑戦してみていただきたい。

「ユニティチャレンジ」 達成で入手できる特別なバッジ

ちなみにAppleは2月28日まで、期間限定アクティビティ 「ユニティチャレンジ」 も並行で実施している。「ユニティチャレンジ」 は、2月の黒人歴史月間 (Black History Month) を記念したもの。2月1日から2月28日までの約1ヶ月間のうちどこかで、「ムーブ」 リングを7日間連続で閉じることで、イベントにちなんだ特別なバッジとステッカーをもらうことができる。

「ユニティチャレンジ」 と 「心臓月間チャレンジ」 はどちらも本格的な運動が必要なアクティビティチャレンジになるため、ぜひ一緒に挑戦を。

関連記事
Apple Watchの期間限定アクティビティチャレンジ 「ユニティチャレンジ」 提供開始。2月28日まで
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度を計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。