Apple WatchのECG(心電図)機能、ようやく日本でも利用可能に?Appleが認定を受ける

Apple Watch Series 5」 に搭載されているECG (心電図)機能が、ついに日本でも利用可能になるかもしれない。

国内メディアMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)は、Appleが医療機器外国製造業社として認定を受けた(令和2年6月1日現在)ことが判明したと伝えている。

Apple WatchのECG機能がいよいよ日本でも利用可能に?

ECG機能とは、Apple Watch (Series 4以降) に搭載されている心電図の計測機能。側面にあるDigital Crownに指を載せることでユーザーの心電図を計測することが可能。現在は米国やカナダなど一部の国・地域でのみ利用できるが、残念ながら日本ではまだ利用できずにいる。

その障害になっているのは、日本の法律と認可。これをクリアしない限り、日本国内でECGの展開ができないと報じられていた。

Appleも同問題をクリアするため動いているとしていたが、今月1日に更新された独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第13条の3の規定に基づく医薬品等外国製造業者の認定・登録番号に関する 「認定・登録外国製造業者リスト」 にAppleが登記されたことから、いよいよECG (心電図)機能がアンロックされる可能性がある。

利用できるようになるのはいつになるかは不明だが、現在、Appleは 「watchOS 6.2.8 beta」 のテスト・試験中。同ベータ版で利用できるようになれば近いうちに日本のユーザーも同機能を利用できるようになる可能性が高い。もしくはそれ以降の実装か。

いずれにしてもECGが利用できるようになれば、自身の異常をいち早く察知することができるようになる。早く利用したいと考えているユーザーは多いはずだ。

関連記事
Apple Watch、血中の酸素飽和度が測定可能に?ECG機能も性能向上か
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。