Apple Watchのエクストリームスポーツ向けタフネスモデルが発売か。ライバルはG-SHOCK?

ライバルはG-SHOCK?Appleは、Apple Watchのタフネスモデルを開発している可能性があることがわかった。現地時間3月26日、米メディアBloombergの著名記者Mark Gurman氏が独自の情報として伝えた。

高耐久のApple Watchが2021年もしくは2022年に登場か

Mark Gurman氏によると、Appleはエクストリームスポーツに耐えられるタフネス仕様のApple Watchの発売を検討している。現行のラインナップに加える形で投入する可能性があるようだ。

Apple Watchは現状でも50メートルの耐水性能を保持しているが、衝撃にはさほど強くない。頑丈なゴムで加工したケースを使用することで、現行のアルミニウム、ステンレス、チタンケースモデルよりも耐久性の高いモデルになる可能性があるとのこと。

Appleの中で同タフネスモデルは 「Explorer Edition」 と呼ばれていて、まだ社内で話し合っている段階のようだ。ただし、もしAppleが本製品の採用を正式に決定した場合、早くて2021年もしくは2022年後半に発売する可能性があるとのこと。

また、AppleはApple Watchに対して新しい水泳トラッキング機能を導入することを検討しているという。機能の詳細はまだ明らかになっていない。

関連記事
次期Apple Watchは血糖モニタリング機能が搭載か。採血不要で血糖値計測が可能に?
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度を計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。