Apple WatchでiPhoneの通知音量が自動で変更可能に?申請済みの特許から発覚

Appleは将来的に、「Apple Watch」で「iPhone」の通知音の音量を自動調節する機能を導入するかもしれない。Appleの今回取得した特許の中に、この仕組みの搭載が予想できる技術があったので紹介させていただく!

周囲の音で通知音に気がつかないということがなくなる?

applewatch-iphone

Appleは、Apple Watchに搭載されているマイクで周囲の音を聞き取り、iPhoneの通知音の音量を自動調節する技術を導入する可能性がある。これは米国特許商標庁(USPTO)が、Appleの特許申請書を公開したことから判明したものだ。

Appleの特許申請書によると、Apple Watchは内蔵されているマイクに周囲の音を一定頻度で収集する。このサンプリングデータをもとに周囲の音の変化に合わせ、絶えずiPhoneの着信音や通知音のボリュームの上げ下げを行うというもの。

applewatch-iphone-1

また、iPhone側からも同様のサンプリングデータを収集することになるので、iPhoneが今ポケットに入っているのか、カバンに入っているのかといった状況も判別できるようになるとのこと。Apple WatchとiPhoneが連携をすることで実現する技術というわけだ。

この技術をもってすれば、ユーザーはわざわざ騒がしい場所で音量を上げたり、静かな場所で爆音を鳴らす失態を犯さずに済む、素晴らしい機能になりそうだ。

ただ一つ、常に音量サンプリングを行うということはバッテリー残量を食うということ。今の電池方式では1日程度しかバッテリーが保たないのに同機能を搭載するのは無理があるだろう。バッテリー問題を解決するまではおそらくお預けになりそうな技術だ。

[ via AppleInsider ]

applewatch-iphone-1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう