Apple Watchの 「低電力モード」 はApple Watch Series 4以降で利用可能。「watchOS 9」 新機能として実装

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間9月7日、Appleは新製品発表イベント 「Far out.」 を開催し、Apple Watchの新型モデル 「Apple Watch Series 8」 「Apple Watch Ultra」 「Apple Watch SE (第2世代)」 を発表した。

これらのデバイスと同時に、Apple Watchの新機能 「低電力モード」 が発表。画面の常時点灯をオフにし、ワークアウトの自動開始、心臓の健康の通知といった一部のセンサーや機能を一時的に停止または制限することで、Apple Watchのバッテリー駆動時間を延ばす機能だ。iPhoneやiPadの 「低電力モード」 とほぼ同じ機能と言えるだろう。

Appleによると、同機能は上記の新型モデルのみで利用できる機能ではなく、「watchOS 9」 で他のモデルでも利用できるようになるという。つまり、watchOS 9が利用できる 「Apple Watch Series 4」 以降のモデルであれば、同機能が利用できるということになる。

watchOS 9は日本時間9月13日にリリース予定。Apple Watch Series 4以降のモデルを使っている人は、アップデートしたらぜひ利用してみてはどうだろうか。

関連記事
「Apple Watch Series 8」 が正式発表。新機能、価格、発売日など詳細まとめ
「Apple Watch Ultra」 が発表。シリーズ初のタフネスモデル、新機能や価格、発売日など詳細まとめ
「Apple Watch SE (第2世代)」 本日より予約開始。新機能、価格、発売日など詳細まとめ

▼ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 8
 ・Apple Watch Ultra
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。