「Apple Watch磁気充電ドック」 がマイナーアップデート デザイン変更はないが内部仕様が一部変更されている模様

11月15日、AppleはApple Watchを充電するための純正アクセサリ 「Apple Watch磁気充電ドック」 の新モデルをリリースした。新モデルでは、モデル番号が 「MLDW2AM/A」 から 「MU9F2AM/A」 に変更になっている。

今回のアップデートでは、デザインなど見た目に変更はない。ただし、モデル番号が変更されていることから、おそらく内部の仕様が変更になったのではないかとMacRumorsは伝えている。

新モデル(MU9F2AM/A)に関しては、FCC(連邦通信委員会)の承認を受けていることも判明している。ただし、提出された書類には変更箇所に関する記載がないことから、何が変更されたのかは現時点では分かっていない。

また、新モデルの販売開始に伴い、旧モデル(MLDW2AM/A)はすでにストアから削除されてしまっており、現在はApple公式サイトからは購入できなくなっている。ただし、前述した通り旧モデルから大きな変更点はないため、これから購入する場合は新モデルで何も問題はない。

Apple Watch磁気充電ドック」 はApple公式サイトで8,800円(税別)で購入可能だ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。