Apple WatchへのMicro LEDディスプレイの採用は早くて3年後か 台湾メディアが報じる

Appleは現在、将来のデバイスのために新しいディスプレイ技術の開発を進めている。これまでの情報では、ミニLEDとマイクロLED技術を使用したディスプレイに投資をしていることが明らかになっているが、台湾DigiTimesによればこのうちのマイクロLED技術がApple Watchに採用されるのは3〜4年後であるという。

DigiTimesは現地時間10日、 Appleが今後3〜4年以内にマイクロLEDディスプレイをApple Watchに採用する計画であると報じた。

3〜4年以内にApple WatchにマイクロLEDディスプレイが採用へ

マイクロLEDディスプレイとは、現行のLEDよりも小さな発光ダイオードを使用したディスプレイのこと。ディスプレイの色域表現をより広く、そして高いコントラスト、ダイナミックレンジの表現が可能になると言われている。

さらに消費電力の改善やディスプレイの薄型化も期待できるため、現在Apple Watchに使用されている有機ELディスプレイよりも性能が優れているとされているが、一方でコストの増加も危惧されている。

仮にApple Watchに同ディスプレイが搭載されるのが早くて3年後となるならば、それはApple Watch Series 8もしくは9となる。注目されている次世代技術の登場はまだまだ先の話となりそうだ。

関連記事
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格
プライドエディション Nikeスポーツバンド レビュー | 初のNike×プライド。さりげない虹色カラーとともに快適な夏を

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。