Apple Watchのアクティビティチャレンジ 「国立公園チャレンジ」 が8月30日に開催

今月30日に、AppleはApple Watch向けアクティビティチャレンジ 「国立公園チャレンジ」 を開催する予定であることが判明した。米Apple系メディア9to5Macが伝えた。

Apple Watch向けアクティビティチャレンジ 「国立公園チャレンジ」 が8月30日に開催

この 「国立公園チャレンジ」 は、米国の国立公園を支援するキャンペーンの一環として実施される1日限定のアクティビティチャレンジ。2017年から開催されているため、今年で4回目の開催ということになる。達成することで専用のバッジと、iMessageで使えるステッカーが入手できる。

ちなみに昨年はグランドキャニオン国立公園100周年を記念したアクティビティチャレンジが開催された。

今年のチャレンジはウォーキング、ランニング、ハイキング、車椅子のいずれかのワークアウトを1.6km(1マイル)分こなすことで達成できる。新型コロナを考慮してか昨年の3マイルに比べて達成目標が下げられていることもあり、今年は比較的簡単にクリアすることができそうだ。

ちなみに昨年と同様、このチャレンジは日本でも利用できる予定。Apple Watchをお持ちの方はぜひチャレンジしてみていただきたい。

関連記事
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格
プライドエディション Nikeスポーツバンド レビュー | 初のNike×プライド。さりげない虹色カラーとともに快適な夏を
プライドエディション スポーツバンド レビュー | 馴染み深いスポーツバンドがレインボー仕様に

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。